Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/main.jp-30smash/web/mt/mt4settei/movable_type4_1.html on line 30

Warning: include(http://30smash.main.jp/mt/topnavi.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/main.jp-30smash/web/mt/mt4settei/movable_type4_1.html on line 30

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://30smash.main.jp/mt/topnavi.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/main.jp-30smash/web/mt/mt4settei/movable_type4_1.html on line 30

Movable Type4 アップグレード方法

Movable Type4は3と大幅に構成が違うため、別途環境を作り、
完全に旧バージョンのバックアップがとれる体制でアップグレードしました。

以下、その方法です。

1.DBをエクスポート&インポート
  ・MySQLならphpmyadminでDBごとエクスポートして、違うDBを作成しインポート
   【例】(旧DB)mt (新DB)mt4
  ・SQliteならローカルにダウンロードし、mt4用に違うフォルダへアップロード
   【例】cgi/mt4/db/
2.違うフォルダにMT4をアップロードしcgiの属性変更
   【例】cgi/mt4/
3.mt-configでDBとcgiのパスを1.2で設定したファイル・フォルダに書き換える。
   【例】
  (旧)
  CGIPath サイトURL/cgi/mt/
  StaticWebPath サイトURL/cgi/mt/mt-static
  ##### SQLITE #####
  ObjectDriver DBI::sqlite
  Database ./db/mt.db
  (新)
  CGIPath サイトURL/cgi/mt4/
  StaticWebPath サイトURL/cgi/mt4/mt-static
  ##### SQLITE #####
  ObjectDriver DBI::sqlite
  Database ./db/mt4.db

4.新しいフォルダのmt.cgiにアクセス。アップロードが走り、完成。
  【例】サイトURL/cgi/mt4/

5.※プラグインを使っていれば新しいフォルダにも移植。
  【例】(旧)サイトURL/cgi/mt/plugins/ ⇒ (新)サイトURL/cgi/mt/plugins/
  ※バージョン変更に伴い動かないプラグインもあります。
  動作検証は別途エントリー予定

以上です。

この方法はmt3も残す方法です。
元のフォルダ、DBを上書きしても構いませんが、今回は変更点が多く、
まだ動作事例が少ないので、問題を切り分けやすくするために上記方法をとりました。





△前の記事:ブラウザからユーザ設定
▽ 次の記事:MT4アップグレード トラックバックで止まった場合

サイト内検索

 

Movable Type 入門 更新履歴

必要商品

レンタルサーバー

MovableTypeはcgi等の使用を許可しているサーバーを借りなくてはいけません。

解説書

ムーバブルタイプは自分でソースを編集するので、本は必ずあった方がよいです。

最近の一冊

Links

管理人の別館サイト

お問い合わせ&RSS

Powered by Movable Type 4.0
for owner Edit