繰り上げ返済をする時期

住宅ローン繰り上げ返済
35年返済の住宅ローンを繰上返済と借換により5年で返済期間を10年まで短縮。
そこで調子に乗ってマンションを買替えローンを再び20年まで増やすも繰上返済をして5年で完済。
2棟合わせて10年に及ぶ返済の軌跡と資金作りの方法を紹介します。

繰り上げ返済と借り換え

節約実践一覧

繰り上げ返済

繰り上げ返済をする時期

繰り上げ返済はいつ行ったら良いのでしょうか?

1.借り入れ当初 共働き期

繰り上げ返済をする時期 繰り上げ返済とは?に記載していますが、住宅ローンは毎月の返済額に占める利息の割合が返済当初の方が多くなっています。また、繰り上げ返済は借り入れ元本にのみ充当され、その期間の利息がカットされるので、後から行うよりも返済当初の方がその効果は大きくなります。
夫婦共働きで余剰資金がある時には無駄に無駄使いをせず、繰り上げ返済に充てましょう。

2.小学校時期

各自の状況でもちろん違いますが、赤ちゃん、幼稚園時期は家計がかかり中学以降も学費が掛かります。その点、小学生は比較的お金が掛からず、家計に余裕のない家庭には唯一の繰り上げ返済チャンスとの話もあります。定年後にもローンを組んでいる場合、小学生の時期に少しでも返済をした方が良いという選択もあります。

3.余剰資金があれば。

こちらも個人状況によって変わりますが、私は手元に300万を残して繰り上げ返済という時期がありました。しかし手元の300万は200万になる時期もあり、その時は精神的にちょっと不安でした。なので私は手元に500万残して、それ以上のお金があれば繰り上げ返済をしています。

当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/5/1 住宅ローン 繰り上げ返済の道 All Right Reserved